岩沢のじいさんへ

おれ柘植だよ、じいさん。インターの責任者ということで散々お世話になった柘植だよ。  憶えていてくれるよね。  俺はね、今年の十二月で六十になる。ちょうど十年勤めた会社を定年ということで卒業することになってる。  じいさんは九十二歳だったそうだから、三十二年前にじいさんは俺の年だったということになる。  今から三十二年前といえば、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

熱田さん撤退の記事を見て

村落共同体を支える関係 私が、三里塚に入ったのは、1971年2月の強制収用阻止闘争からだった。インターの現闘は、朝倉部落の公民館を借りていた。1968年以来、砂川で立川基地拡張阻止闘争に参加していたので、農民とのかかわりはある程度慣れていたが、寝泊りして居住を共にするのは初めてだった。その頃の朝倉部落は、18戸くらいだったろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動的な4ヶ月を有難うございました

皆さんへ、大胆率直に、訴える声明の会                             管制塔元被告連帯基金ウエブサイト  お寄せいただいた基金が、割り当てによる強制的なものであったとすれば、このようなさわやかな感動はなかったのではないでしょうか。国への「叩きつけ行動」にしても、「やむをえざる納付」として暗いものになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 法務省・国土交通省に対する声明

三・ニ六管制塔元被告団  二十七年前の管制塔占拠闘争に対する損害賠償請求は、今年七月時効を迎えようとしていた。 その直前の四月、突然一億三百万円の強制執行を始めた法務省・国土交通省殿、あなた方が、給与の四分の一や全てを満額に達するまで納め続けよとした全額がここにある。 これは、お金ではない。 これは、十六人の私達被告を今度こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日々の基金総額表示は、10月31日分までで最終となります

10月27日付けの管制塔の被告団の勝利宣言は結語として以下のように結びました。  元被告たちを『解放』してくださった皆さんの闘いを、私たちは一生忘れることはありません。27年目にして再度勝利をもたらした闘いを忘れることはありません。本当にありがとうございました。  今、私たちは皆さんとともに声高らかに勝利を宣言します。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

被告団・声明の会・連帯サイト三者会談開催

10月26日、連帯基金運動の母体となってきた管制塔被告団と声明の会・連帯サイトの代表者会議が開かれ概略以下のことが話し合われました。 ■連帯基金の現状について、10月中に連帯基金が目標の1億300万円に到達することが確定した、との報告が被告団の中川氏からありました。 ■支払い予定日と当日の行動形態  支払い予定日は、11月10…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

行動日は、11月11日と確定しました!!

今、被告団と弁護士による交渉団から連絡を頂きました。 柘植洋三 ■ 叩きつける実行日は、11月11日   集合場所 未定  (九段会館ではありません。明日または明後日連絡できます)   集合時間     10時半     その際 以下の横断幕を掲げる。     「さあ受け取ってみよ!1億300の熱い魂だ!」     「我々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、叩きつけに行くぞ!

■ 一括集約された連帯基金  10月22日の全体集約会議によって19日分までの各基金が、 集計額 94,175,524円一括集約されたとの報告がありました。  この結果は、前回の6信で書いた「総額は、目標に到達しているかもしれません。到達していなくとも、肉薄していることは間違いありません」からすると幾分低いものでした。理由は二つあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来週の第2次総合報告に御注目を!

10月20日を一旦の集約目標として頂くようお願いしたアピールへの大変なご協力有り難うございました。 1)連帯サイトの表示は 21日現在、連帯サイトでは、18日までの基金総額として約9000万円となっています。郵送による振込みの連絡、振込み料の差し引きなどの事務処理、連帯サイト関係者への連絡、表示の手続き等によって2~3日のタイムラグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び『人民の旗』が翻りつつある!

■ 優しさが権力を負かしている 丁度三ヶ月前の7月18日に、「われら共に受けてたたん!」とのアピールの末尾で次のようにお願いしました。 「1億300万円は、巨額です。10月末までにこの基金を集めることは至難です。年収の多い方は多いなりに、年収が生活維持にぎりぎりの方は、熱い気持と共に少しでも、あわせて大河のような基金を寄せて頂くよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、ラストスパートだ!

■ 10月20日を一旦の集約目標に!   基金運動は、10月末を期限(場合によっては11月末まで)として取り組まれてきました。  以下の理由によって、10月20日を一旦の集約目標にして頂きたくお願い申し上げます。 1) 基金の達成額がどうあれ11月上旬に、国に全額をたたきつける予定であること。 2) 募金(基金)運動の常として、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革命のエチュード

■ 「和多田さん前田君を温かく迎える会」  私が、深い暗闇の中を彷徨っている頃、1989年12月16日に前田君が、翌年の1990年8月3日に和多田さんがそれぞれ11年10ヶ月と11年5ヶ月の獄中生活終えて出所する事となりました。  私はその年の1月、和多田さんと前田君をどう迎えたいのかを綴った33Pのパンフレットを作りました。「優し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基金を牽引する元被告達

今次基金運動に関して、3.26の被告はもちろん、3月及び2月の要塞戦の被告達などをはじめ無数の人々の、管制塔被告を見殺しにしてなるものかという熱い熱い連帯の心が、毎日届いています。  管制塔の被告達も、ただ救援を待っているのではなく、27年前の救援会仲間や、地域の友人に働きかけて、必死に基金を募っています。  私が聞き及んだ管制塔被…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブラボー電車男達

フジテレビの人気ドラマ「電車男」が、“史上最大の告白!!涙の卒業式”をもって、本日9月22日感動のうちに終わりました。不覚にも落涙を禁じえませんでした。ストーリーは、ブログおたくのラブストーリーで別にどうということではないのでしたが、私にとっては格別の意味がありました。  古くからの友人となんとなく新宿で一杯やったのが6月13日でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ9.18集会へ!

9.18集会が4日後に迫りました。 箇条書きで、お願いを申し上げます。 1、参加者みんなで創る集会   この集会の参加者は、椅子に座ってアピールを聞くお客様ではありません。  舞台および側面の設営、椅子の設置などの準備作業や5時前にきれいに片付ける撤収作業などに力を貸してください。 2、みんながオルガナイザーだ  集会の中ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.26直後の財界の休戦申し入れ顛末

われら共にうけてたたん――4信 その1 柘植洋三 ■日経連専務理事の手紙 「西村卓司様 桜田武」 「先般は御面識の儀を得て小生としても心おきなく意見を申し上げ、又戸村さんはじめ皆様のご意見を承はる事が出来大変に有難く且うれしく存じ候。其後福永健司大臣と一夕懇談仕りご要望の点等傳えて進言仕り候も思ふに任せず残念に存じ候。要するに政…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

9.18集会の大成功を!

9・18集会の大成功を! ■基金1千万円突破皆さんおめでとうございます。  連帯基金が1千万円を突破しました。何もない中で走り始めての成果ですから、大変なものです。元被告の和多田さん中川さんに合ってきましたが、 「十分の一だけれど嬉しいね」 とニコニコしておられました。 「大胆に訴えます」の振込用紙付き声明が8月17日に発…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みんな、共謀共同正犯だった

みんな 共謀共同正犯だった  我らともに受けてたたん―3信 柘植 洋三  ■共謀共同正犯 「共同実行の意思の形成過程にのみ参加し、共同実行には参加しなかった者(共謀共同正犯)も「共同した犯罪を実行した」といえるのかについて議論がある。最高裁判所はこれを肯定する。」『ウィキペディア』フリー百科事典、「判例は、実行行為を分担し…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

革命のエチュード

革命のエチュード 柘植洋三 ■「和多田さん前田君を温かく迎える会」  私が、深い暗闇の中を彷徨っている頃、1989年12月16日に前田君が、翌年の1990年8月3日に和多田さんがそれぞれ11年10ヶ月と11年5ヶ月の獄中生活終えて出所する事となりました。  私はその年の1月、和多田さんと前田君をどう迎えたいのかを綴った33P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more